Arte de Feltro | Arte de Feltro

Profile

フェルト作家 原 聡子
Arte de Feltoro 代表

Arte de Feltro (アルテ・デ・フェルトロ)とはフェルトから生まれるアート。
創造の中で変化し連鎖が繋がり、感動や小さな幸せが生まれる。

武蔵野美術大学 短期大学工芸デザイン科卒業後
武蔵野美術大学 短期大学専攻科修了

2000年、羊毛と出会う。アナンダ吉祥寺店がopenし、
子連れ集団で押しかけて、いろはを学ぶ。
以後、独学で制作を始める。

表現する作家を尊敬し、憧れる。
自由な表現力、何より、女性として、母として、
自転車を漕ぐ様に、階段を上る様に、
毎日1本筆を潰し、描き続ける姿に感動、共感する。
私という存在をもち、表現できる喜びを知った。
2006年夏、ローマ滞在。
中世の文化にふれ、フェルトがここで創られていただろうと想像し、
単純な服作りを始める。ローマ近郊の人々のナチュラルな暮らしに
目に入るすべてのものが刺激となり、モノづくりの意欲が湧いてきた。

素材としてのウールは、紡がれ繋がる。その過程は未知に広がる。
フェルトで描くカタチは、クリエイティブでプリミティブでありたい。
デザイナーや職人ではない自由人。

各地のクラフトフェアー、ギャラリー企画展にて展示。

 活動に関しては、

 

あっという間の15年、いろいろな方と出会い、ギャラリーの方やお客さま、
人から学び、育ててもらいました。
自分らしく生きる、表現する。小さな糧喜びになりました。

コミュニュケーションツール、ライフワークの林檎屋行商 →

羊毛で作る林檎のペンダントワークショップ(微笑みの林檎)各地のイベントにて開催中。
年齢問わず、大人から子どもまで楽しめる体験ワークショップ!
全国津々浦々、皆さんの笑顔を求めて出かけます。

 

2012年活躍するフェルト作家の一人として「創作市場49 羊毛フェルトに遊ぶ」掲載

→お問い合わせはこちら